宅建業法上の仲介手数料の相場は?


宅建業法における仲介手数料は、分譲物件、賃貸物件にかかわらず取引の形態が媒介の場合には必要となる費用です。不動産業者が受け取れる仲介手数料の金額は宅建業法で決められています。

ただ、この金額は「必ず受け取る金額」ではなく「受け取れる金額の上限」となります。つまり、支払う側から見ると仲介手数料の支払いの上限額を定めた宅建業法となりますね。だから交渉しだいでは仲介手数料が半額となったりすることも可能です。

ただ中には「仲介手数料を値切る客とは取引しない」なんていう強気な業者もいますので、気に入った物件が見つかってから交渉するとトラブルになるケースもあります。

売買、交換の場合の仲介手数料の金額は物件の価格によって変わってきます。一般的には「物件価格の3%+6万円」という相場がありますが、細かく見ると

○200万円以下の金額 → 100分の5.25(5.25%)
○200万円超〜400万円以下 → 100分の4.2(4.2%)
○400万円超 → 100分の3.15(3.15%)

となります。たとえば3000万円の土地を買った場合、3000万円のうちの200万円までが5.25%、200万超〜400万までの部分が4.2%、400万超〜3000万円の部分が3.15%となり、それぞれの金額を足したものが仲介手数料になります。

400万円の部分まではいくらの物件を買っても変わらないので、こういうふうにいちいち分けて計算しなくでもいいように「物件価格×3.15%+63000円」という簡易計算式が成り立ちます。

賃貸の仲介手数料は無料?半額?半月分?


賃貸の場合の仲介手数料の上限は家賃の1ヶ月分×1.05倍(消費税分)までという決まりがあります。これは貸主と借主と両方から受け取れる仲介手数料の上限額です。

ただ一般的には借主から1か月分、貸主からは広告費用という名目で1ヶ月分を報酬として受け取る賃貸業者が多いですね。

最近ではミニミニ(minimini)、エイブル,アパマンショップ、センチュリー21、ピタットハウスなどの業者さんでは仲介手数料を半額にしたりなど独自の戦略でお客さんにアピールしている不動産業者も増えてきてますので、抑えられる費用は抑えてお得な不動産取引をしましょう。


スポンサード リンク



スポンサード リンク


仲介手数料とは

仲介手数料とは不動産会社を通して物件の売買契約や賃貸借契約を締結した場合に、物件価格とは別に契約を仲介した不動産会社に支払う手数料のことです


コンテンツ

住まいの情報Navi TOP


不動産購入の豆知識


住宅ローンの豆知識


税金の豆知識

当サイトについて

プライバシーポリシー


お問い合わせ