不動産は取引別に分けられる

不動産の取引をする場合、業者はその取引がどういう種類のものかを明示する義務があります。その種類を表したものが不動産の取引態様と呼ばれるものです。不動産の取引態様にはどのようなものがあるでしょうか。

不動産の取引は売買、賃貸が主なものになりますが、それぞれ売主(貸主)、仲介(媒介)、代理にわけられます。物件の購入を検討されているときには物件ばかりに目がいくかもしれません。

ですがこの取引態様によって物件価格以外の諸費用の額に大きな違いが出てきます。取引の態様によって仲介手数料が必要だったり販売手数料が必要だったりしてきます。

取引態様:売主

まず売主ですが、売主とはその物件の所有者のことをいいます。販売の図面に「売主」と記載されていたら物件の持ち主直接販売していることを意味します。

売主から直接売買するいちばん大きなメリットは、仲介手数料が必要ないことですね。また、物件の持ち主なので当然物件についても正確な情報を持っていますし、いろいろな交渉ごともレスポンスが早いということもあげられます。

反対にデメリットは不動産のプロを相手に素人(一般的には)が直接話をしなくてはならないので、ある程度の専門的な知識も勉強しなくてはいいなりになってしまうかもしれません。

取引態様:仲介(媒介)

媒介(仲介)は、簡単に言うと売り主と買い主の間に不動産業者が入ることをいいます。売り主が不動産業者の場合には、買い主に変わって要望や交渉などをしてくれますので活用するようにしましょう。

その分、間に入るだけでけっこう高い仲介手数料を支払うことになります。また売り主が業者だったり地主さんだったりする場合は売り主よりになる業者もいますので、仲介業者=100%自分の味方という感覚は持たない方が良いと思います。

取引態様:代理

代理は読み方とおり売り主代理なら売り主の、買い主代理の場合は買い主の代理人という形になります。不動産取引の場合はほぼ100%売り主の代理となります。

代理本来の意味は売り主と代理がイコールになりますが、この場合は売り主が販売業務を委託していると言うことが多いですね。

代理業者から不動産を購入しても手数料がかかるケースというのはほぼありませんが、やはり売り主よりになることが多いので、自分でもある程度の知識を持つようにしましょう。


スポンサード リンク



スポンサード リンク


取引態様別のメリット

不動産は取引態様によっていろいろなメリットやデメリットがあります。売り主、代理、仲介などの意味は?



コンテンツ

住まいの情報Navi TOP


不動産購入の豆知識


住宅ローンの豆知識


税金の豆知識

当サイトについて

プライバシーポリシー


お問い合わせ